"와다 하루키"의 두 판 사이의 차이

3,236 바이트 추가됨 ,  5개월 전
편집 요약 없음
잔글 (봇: 틀 이름 및 스타일 정리)
* 1998년 5월 - 도쿄 대학 명예 교수
* [[2001년]] 4월 - [[도호쿠 대학]] 도호쿠 아시아 연구 센터 객원 교수
 
== 저서 ==
*『近代ロシア社会の発展構造――1890年代のロシア』(東京大学社会科学研究所, 1965年)
*『ニコライ・ラッセル――国境を越えるナロードニキ](上・下)』([[中央公論社]], 1973年)[[니콜라이 수질로프스키]]
*『マルクス・エンゲルスと革命ロシア』([[勁草書房]], 1975年)
*『農民革命の世界――エセーニンとマフノ』([[東京大学出版会]], 1978年)
*『韓国民衆をみつめること』([[創樹社]], 1981年)
*『韓国からの問いかけ――ともに求める』([[思想の科学社]], 1982年)
*『私の見た[[ペレストロイカ]]――[[ミハイル・ゴルバチョフ|ゴルバチョフ]]時代のモスクワ』([[岩波書店]][[[岩波新書]]], 1987年)
*『北の友へ南の友へ――朝鮮半島の現状と日本人の課題』([[御茶の水書房]], 1987年)
*『ペレストロイカ――成果と危機』(岩波書店[岩波新書], 1990年)
*『[[北方領土問題]]を考える』(岩波書店, 1990年)
*『ロシアの革命1991』(岩波書店, 1991年)
*『開国――日露国境交渉』([[日本放送出版協会]][NHKブックス], 1991年)
*《[[김일성]]과 만주항일전쟁》『金日成と満州抗日戦争』([[平凡社]], 1992年)
*《역사로서의 사회주의》『歴史としての社会主義』(岩波書店[岩波新書], 1992年)
*『ロシア・ソ連』([[朝日新聞社]], 1993年)
*《[[한국 전쟁]]》『[[朝鮮戦争]]』(岩波書店, 1995年)
*『歴史としての[[野坂参三]]』([[平凡社]], 1996年)
*《북조선-유격대 국가에서 정규군국가로》『北朝鮮――遊撃隊国家の現在』(岩波書店, 1998年)
*『北方領土問題――歴史と未来』(朝日新聞社[朝日選書], 1999年)
*『ロシア――ヒストリカル・ガイド』([[山川出版社]], 2001年)
*『朝鮮戦争全史』(岩波書店, 2002年)
*『朝鮮有事を望むのか――不審船・拉致疑惑・有事立法を考える』([[彩流社]], 2002年)
*『日本・韓国・北朝鮮――東北アジアに生きる』([[青丘文化社]], 2003年)
*《동북아시아 공동의 집》『東北アジア共同の家――新地域主義宣言』(平凡社, 2003年)
*『同時代批評――日朝関係と拉致問題』(彩流社, 2005年) 
*『テロルと改革――アレクサンドル二世暗殺前後』(山川出版社, 2005年)
*『ある戦後精神の形成 1938-1965』(岩波書店, 2006年)
*《러일전쟁》『日露戦争 起源と開戦』(岩波書店, 2009-10年)
*《한일 100년사》『日本と朝鮮の一〇〇年史 これだけは知っておきたい』平凡社新書、2010 
*《동북아시아 영토문제, 어떻게 해결할 것인가》『領土問題をどう解決するか 対立から対話へ』平凡社新書、2012
*『北朝鮮現代史』岩波新書、2012
*《일본군'위안부' 문제의 해결을 위하여》『慰安婦問題の解決のために [[アジア女性基金]]の経験から』平凡社新書 2015
 
[[분류:1938년 태어남]]